コーヒー、ホットお願いします。

coffeehot.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カメラ( 12 )


2013年 05月 17日

今年もヤツがやってきた。

はるばる太平洋を渡ってやってきました。
d0025831_1939737.jpg

アメリカはニューヨークから。

d0025831_19391983.jpg

カメラ等の光学機器の販売を行っているB&Hからのカタログでした。
カメラ光学機器だけでなく音響やPCも取り扱っているようです。
海外向け通信販売のイメージが強いですが、実店舗もあったはず。
http://www.bhphotovideo.com/

d0025831_19541290.jpg

裏面はCINEMA EOSでした。

昨年はお金がなかったんでなにも購入していないんですが律儀にカタログを送ってきていただきました。
各社の製品が一覧できる紙媒体のカタログは少ないので、実は毎年楽しみにしています。

お、宛名の下になにか書いています。
d0025831_1947789.jpg


ついに日本語が併記されてしまった...! (毎年英語だった)
ちなみに通信販売のサイトは英語でした。

おもしろいことに上記サイトにアクセスすると、いつカタログを受け取ったのかを聞かれます。もしかして、カタログの送付で日本までの輸送日数をカウントしているのでしょうか?

毎年この時期に送ってきていただいているのは、日本の一般的な会社員であればボーナスとか一時金が支給されるという都市伝説を信じてアメリカからははるばる送ってきているものだと推察しますが、残念ながら私には無縁のお話でした...。はあ。。
まあ円安にもなってしまったし、今年もB&Hからの購入予定はないのですが、いろんな製品を一覧できるので今まで知らなかった意外な製品やメーカーを知ったり、中には海外でしか手に入らないものもあったりするのでなかなか重宝しています。

冬にも送ってきてくれるとうれしいなあ。あ、あと、冬はちゃんとボーナス支給されますように!!
[PR]

by coffeehot | 2013-05-17 19:56 | カメラ
2013年 03月 02日

寒い日のカメラのバッテリー

もうすぐ春というのに寒い時期の話題。

冬場でもまず体が第一、風邪を引いたり体調を崩したりしないように防寒対策が重要です。また厳寒期は光学系のクモリにも注意を払う必要がありますが、デジタルカメラではエネルギー源である電池の重要度が高まります。電池がなければただの箱ですから二番目ぐらいには大事な要素でしょう(一番大事なのはたぶん撮影後のメモリーカード)。

一般的に温度が下がると電池の能力が低下するため、カメラのマニュアル等には予備電池の携行を推奨していることもあるかと思います。

カメラのバッテリーは専用のリチウムイオン充電池が広く使われていますが、専用電池の代替として、またはバッテリーグリップの併用、あるいはストロボなどのアクセサリーを使う場合には単三型の電池を使う機会も多いことでしょう。
専用のリチウムイオン電池は長持ちするのですが、あくまでそのカメラの専用に作られているので、例えば旅行先では入手できないこともあります。その点、単三型電池は世界各地だいたいどこでも買えるので、入手性はよいと言えるでしょう。

この単三型電池、国内で広く流通しているのは大きく分けると、マンガン乾電池(黒い表面のものが多い、昔は赤もあったような気がする)、アルカリ乾電池(金色のパッケージが多い気がする)、ニッケル水素充電池(eneloop的なやつ)の3種類があります。さて低温下でデジタルカメラに使うときにどれを選ぶべきか。

このうち、マンガン電池はデジタルカメラでは使用が推奨されていないことが多いのでとりあえず除外(推奨されていない理由はアルカリ電池と比べてエネルギー密度が低すぎてほんの数枚しか撮影できないから、と推測)。残るはアルカリ乾電池とニッケル水素充電池。この2つはたいてい仕様書でも推奨されています。
壮大な雪原の風景を記録に収めようとしたときにどちらの電池を選ぶのか? 雪原のような場所では外気温は氷点下か高くても0℃付近でしょうか。

日本国内も南北に長いので地域によるのですが、寒い時期にはアルカリ電池の使用をあまりお勧めしていません。どの電池でも温度が下がると性能は低下するのですが、アルカリ電池は低温、特に氷点下になると極端にその性能が落ちてしまうからです。
したがって上記の3択ではニッケル水素充電池がベターな選択に思われます。

<<参考: 1998年発売で古い機種でしかもフイルム機ですが、撮影可能フィルム本数の欄で各電池と温度による撮影可能フィルム本数がのっています。
ニコンF100 主な仕様: http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/film/f100/spec.htm
カタログスペックでは単三型アルカリ乾電池4本使用の場合、常温で20本撮影可能なのに対し、-10℃ではわずか1本のフィルムしか撮影できません。 >>

なおニッケル水素充電池にも弱点はあって、電圧が違う点(1.5Vと1.2V)、自己放電特性(充電完了から時間が経つと容量がなくなっている現象)があるのですが、前者はマニュアルにニッケル水素充電池が使用可能と記載があればOKです。後者は技術の進歩のためか相当改善されたように思います。特定の製品名で申し訳ないですが、eneloopを技術的に見て優れている点は、この自己放電特性を大幅に改善したという点だと思います。おかげでコンビニでも買えるし。

さて、冬の寒い時期に上記の3択の電池の中では、私はニッケル水素充電池を選ぶのですが、一応補足で2点。
1点目は、本当にあり得ないほど寒い所では「単三型リチウム電池」という選択もあるという点。
リチウム電池は腕時計などで使われている種類の電池ですが、エネルギー密度が高く、また低温にも強い電池です。最近は米国エネジャイザー製やそのOEMとおぼしきパナソニック製の単三型リチウム電池を大手量販店で見かけます。値は張りますが氷点下10度以下みたいな過酷な状況でも十分性能を発揮してくれるでしょう。
2つ目は、「専用電池の予備を持っておきましょう」。専用電池がもともと設定されてない機種だったり緊急時やストロボなどアクセサリではニッケル水素充電池を選ぶのですが、裏を返せばそもそも困らないように専用電池の予備を持っておくのがスマートとも言えます。


「もっと早めに書けや、今頃遅すぎんねん、ボケが」とかという声が聞こえてきそうですが、しばらく続きそうな寒空での撮影、もし今冬は機会を逃したのなら次の冬に向けて、ご参考になれば幸いです。


※本記事は必ずしも最新の状況を反映していません。また本記事による故障トラブル等にいっさい責任を負いません。メーカーの指示に従ってください。
[PR]

by coffeehot | 2013-03-02 02:18 | カメラ
2013年 01月 09日

ペンタックスQ10 サイズ・質量比較編

メーカーの触れ込みでは「手のひらに収まるサイズ」ということで、その小ささをアピールしているペンタックスQ10、確かに手のひらに載るミニチュアカメラにも似た趣さえ感じられます。カタログよれば「世界最小クラス*のデジタル一眼」と書かれています。おや? "世界最小"ではなくて"世界最小クラス"となっていますね。*を目で追っていくと、「小ささはPENTAX Qに次いで2位となります」との記載。どうやらサイズは約1年前に発売されたペンタックスQの方が小さいとのこと。なんというか、そこはもうちょっとがんばって「世界最小」と謳えるようにがんばれよ!とつっこんだ記憶があります。もちろんサイズが小さいからよい、という単純な話でもないのですが。


というわけで、世界最小クラスなるペンタックスQ10を他のカメラと比べてみました。たくさんのカメラを自分一人で持っているわけではないので、知人のカメラを借りてみて比較。

まずは同じメーカー、ペンタックスのk-xと比較。
正面から。
d0025831_0555654.jpg


More
[PR]

by coffeehot | 2013-01-09 01:04 | カメラ
2013年 01月 07日

ペンタックスQ10 購入・開封編

前の記事で書いたとおり、自身のポリシー(?)から、長らく待ち望んでいた「コンパクトカメラのイメージセンサーサイズでレンズの交換できるカメラ」として、ペンタックスQ10を購入しました。
その他、発売記念キャンペーンで購入者全員にプレゼントされていたカメラバッグも良さそうだったので、キャンペーンぎりぎりの11月末に購入。

購入したのは、ペンタックスQ10ズームレンズキット(kakaku.com)。5-15mmのレンズが付属しているキットです。
オーダーカラーで自分の好きな色の組み合わせを選ぶこともできますが、一番見た目のバランスが良さそうだったので、市販のシルバーのカメラを選びました。

箱の外観。
d0025831_23475351.jpg



周囲のものと大きさを比べてみた。マグカップと机の上に置いてあったフィルムケースを一緒に並べてみました。ちょっと大きさがわかりにくい角度...
d0025831_23481397.jpg

この箱の中にレンズ交換できるカメラが入っているとは思えないほどの小さいサイズです。

箱を開けてみたところ。
d0025831_23484088.jpg



カメラとレンズを並べてみた。
d0025831_2349151.jpg



早速、レンズを取り付けてみます。今のところ1本しかレンズがないので、取り替えたりすることはなさそうなので、むき出しになってるイメージセンサーも観察してみました。

ホコリが入らないようにセンサー面を下に向けて撮影。
d0025831_23493389.jpg


一眼レフと違ってセンサーがむき出しになっていてちょっと怖い...

レンズを取り付けてみました。右に並んでいるのはフィルムケース。だいたいの大きさの目安になるかと。
d0025831_2350026.jpg



向井理さん出演のQ10のCMで、レンズを交換しているところで、「えっこれレンズ交換できるの?」「ちっさ~」って言っているシーンがありましたが、本当にちっさ!って言ってしまいそうなぐらい小さいです。

次回では他のカメラとの比較を見ていこうと思います。
[PR]

by coffeehot | 2013-01-07 23:53 | カメラ
2013年 01月 07日

ペンタックスQ10買いました

d0025831_3234930.jpg


あけましておめでとうございます。
2012年の振り返り的なものはやったので、本来ならば2013年の抱負とか今年の目標あたりをばーんと掲げて一発目の投稿にするのが妥当なところなのですが、期待を裏切ってカメラのお話。それも昨年のお話で結局今年に持ち越してしまったわけですが、気にしない。年の切り替わりなんて所詮は人間がかって決めた区切りであって、まあそりゃ新しいページをめくるかのごとく、区切りも大事なんですけど。
とにかく今年もよろしくお願いいたします。

More
[PR]

by coffeehot | 2013-01-07 03:27 | カメラ
2012年 11月 12日

B&Hがやってきた!

どうもこんにちは。気がついたら年末が近づいていて、こちらはいろいろとしゃれにならないほど大ピンチですが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、気がつけば年末が近づいているのはご承知の通りですが、そんな折、B&Hから早めのクリスマスプレゼントのつもりなのか、Winter 2013、つまるところ、冬のカタログが届きました。

d0025831_23521187.jpg


ええ、わざわざ太平洋を渡ってやってきました。どこから送られてきたのかわかりませんがたぶんニューヨークから?

B&Hとは大雑把に言うと「海外通販ができるヨドバシカメラ」みたいな位置づけで、もうちょっと細かく言えば、カメラ・光学機器その周辺アクセサリ、オーディオに映像機器、編集用コンピュータなどなどの機材を一般向けからプロ用途のものまでの販売を幅広く手がけているアメリカの会社です。確か本社はニューヨーク。

なんで海外からわざわざ買うのか?というと、円高が進んだので、送料や消費税などを考慮しても海外から買う方が安いケースがあるからです。
最近では以前ほどの急激な円高と言う印象ではないですが、それでも安く手に入ることもあって、主にカメラ機材の購入で何度か利用したことがあります。一度でも利用するとどうやらカタログが送られてくるようです。
そのほか海外でしか売られていなくて日本の小売店では入手しづらいものもいくつかあるので、チェックしてみるとなかなかおもしろいかもしれません。

カタログの中身は特筆すべき点は特にないのですが、とにかく多くの機材がメーカー問わずたくさん掲載されているので、「こんなもの売ってないかな?」と探すとヒットすることが多いです。
もちろんB&Hはオンラインで買えるので、具体的に型番とか商品の名前がわかっていればパソコンの画面でも探しやすいのですが、漠然としたイメージだけだと検索するにもキーワードが浮かんでこないのです。
このあたり、紙のカタログだと一覧できるので結構便利だし、またいろんな製品が一挙に見られるので、今まで存在すら知らなかった製品を知ったりできるので、実は毎回送られてくるのが楽しみなカタログです。
しかもカタログ無料!送料ももちろん無料!太平洋飛び越えてるのに!

ところでこのカタログ、以前は年に1回夏にやってきていたのですが、今年は夏とさらにこの時期に届きました。もしかして、一般的な生活をしていると支給されるという都市伝説であるところの冬のボーナスを狙って送られてきたものでしょうか? 海外ではクリスマス商戦?
そういえば、夏は5月か6月頃に送られてきたので、あれも夏のボーナスを狙っていたものなのでしょうか?
しばらくカメラもオーディオも機材更新の予定はないのですが、しばらくは為替とにらめっこをしてる人が増えるかも。


B&H Photo Video Digital Cameras, Photography, Camcorders
[PR]

by coffeehot | 2012-11-12 00:14 | カメラ
2011年 02月 14日

CP+に行ってきた4 ~気になったものなど

CP+に行ってきた4 ~気になったもの

これまでも気になったモノばっかり列挙してきたのですが、特に気になったものについて。

More
[PR]

by coffeehot | 2011-02-14 04:03 | カメラ
2011年 02月 14日

CP+に行ってきた3

CP+に行ってきた3 ~富士フイルムなど編

・富士フイルム。X100のセミナーやってました。
d0025831_1464741.jpg


More
[PR]

by coffeehot | 2011-02-14 02:24 | カメラ
2011年 02月 12日

CP+に行ってきた2

CP+に行ってきた2~カシオ・タムロン・ケンコー・エプソン・オリンパス・キヤノン・ニコン・パナソニック編

最初の記事に力を入れすぎてしまった感があるのであとはだらだらと。

カシオは入口を入ってすぐのところで、ちょうどソニーの向かい側でした。
d0025831_1563122.jpg


More
[PR]

by coffeehot | 2011-02-12 02:39 | カメラ
2011年 02月 11日

CP+に行ってきた1

CP+に行ってきた1~ソニー編
d0025831_2319498.jpg


CP+@パシフィコ横浜に行ってきました。
情報だけならネットで出てくるので行くつもりはあんまりなかったのですが、知り合いから招待券がもらえたり偶然にも厚木に出張が重なったので、「これは神様が行けといってるんだ」と解釈して。

この手の展示会はあんまり行くことがないのですが、思っていたよりも広くないもんだなーと思いました。パシフィコ横浜は国内ではそこそこ大きな規模なのですが、海外の展示会のような広すぎて一日でみて歩けないという状況はないので、良くも悪くもコンパクトだなあと感じました。

すでに各種メディアで報じられているので個人的に思ったことをつらつらと書いてみようかと。

More
[PR]

by coffeehot | 2011-02-11 23:35 | カメラ