コーヒー、ホットお願いします。

coffeehot.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カメラ ( 1 ) タグの人気記事


2009年 07月 30日

メガネ

こちらも先日の話。
車の運転の時やカメラを使うときなど、遠くを見れてかつ視力が必要なときに使うメガネ(まあ普段使っているメガネですな)の左側がぐらついてきた。このまま放っておくときちんと視力が出ないので、眼鏡屋さんで調整をお願いすると、なんとフレームの溶接がはがれてきているとのこと。当然調整は不可。フレームを修理に出すしかないとのこと。
例の日食で喜界島に行く直前だったが、今から新しいメガネを作っても、あるいは修理に出したとしても、喜界島行きには間に合わないと言われたので、旅行前の受け取りはあきらめて、とりあえず作ってもらうことに。

で、帰宅後に受け取ってきました。初めてのセルフレーム。どう考えてもセルロイドでできてはいないようだが。

D700+24-120mm F3.5-5.6 VR
d0025831_23575628.jpg

D200+18-200mm F3.5-5.6 VR
d0025831_00144.jpg


さて、せっかくカメラが増えたので簡単に比較。といっても構図も微妙に違うし、カメラ設定も異なるが、とりあえず基本的にすべてオートにして撮ってみた。
D700がD200と比べて明らかに勝っていると思うのは、今のところ高感度でのノイズの少なさとオートフォーカスだろうか。オートフォーカスはD700でも微妙に迷うことがあるが、これは双方を同じレンズで比較してみたい。
上記の2つの写真を比較すると、出力される画像はD200の方が見た目に近い。これはホワイトバランスのオートモードの特性とD200独特の暖色よりの画像出力が影響したものと考える。
この条件では光源は蛍光灯のみで、複数の光源がミックスされている状況ではない。このためか、D700ではホワイトバランスがオートモードなのだが、かなり蛍光灯モードに寄ってしまったのではないかと推察する。またD700ではD200と比べると寒色系の傾向があり、これはD200発売以後のD80からしばらく続いている傾向のようにも思われる。もっともD200の画像は暖色系の傾向を持っているので、総じて見た場合には、暖色でも寒色でもないニュートラルでナチュラルで普通な画質の傾向になっただけかもしれない。ん、なんか最後の文章変だぞ。まあいいや。
とはいえ十分満足できる画像であり、もはや個人の好みの問題といえるだろう。QV-10を使っていた頃に比べれば画質の好みで感想を書けるなんて夢のようだ。

せっかくなので、しばらく比較してみようと思います。
[PR]

by coffeehot | 2009-07-30 23:18 | 日常